無線・電子工作と趣味の日記

アマチュア無線と電子工作が中心の日記です。JA0IAA/新潟県在住、電気大好きおじさんです。その他趣味などあれこれの雑記です。
コメント歓迎ですが、無線と電子工作関係はお名前(名字で可)かコールサインをお願いします。

ジャンクのTS-510を分解(2)

200414ts510-1

真空管はソケットから取り外し、汚れを除去しました。
チェッカーは持っていないので、後で実機で評価します。

S2001が2本ありますが、1本のプレートがぐらつきます。空気は入っていないのですが、ダメかもしれません。無理に使う気もありません。
その他のMT管は、型名が一部消えかかっています。拡大鏡で確認、マジックペンで記入しておきます。

200414ts510-2

配線は使えそうな箇所をニッパーで切断・取り外し、汚れをふき取りました。
電線くらいケチらずに・・・・と思われるでしょうが、これらは耐熱電線であり、安物のビニール絶縁線のようにハンダゴテで被覆が溶ける心配がありません。
被覆の色も多数あり、修理の際に役立つと思います。

200414ts510-3

シャーシは廃棄します。
フロントパネルは改造でスイッチ穴があけられており、表面の黒塗装も細かい穴が開いています。ツマミで表面から隠れていた箇所と露出していた箇所に差があります。いずれ廃棄しましょう。

ジャンクのTS-510を分解(1)

オークションで落札したトリオ(現ケンウッド)のTS-510、部品取りのため、分解します。

200411ts510-1

写真を見て、部品を個別に購入するよりは十分に元が取れる、と判断しました。
真空管はすべて挿入されています。
中でも、「これは!」と思ったのは・・・・CWフィルタが内蔵されていたことです。
もちろん、動作の保証はありませんが。

200411ts510-2

200411ts510-3

2日に分けて、シャーシからパーツを取り外しました。
ツマミは一部欠品がありますが、取り外してクリーニング、十分使えます。
VFOはユニットで分解、このまま使えるか?後で判断します。
メータ、バリコンは使えそうですが、スイッチ・ボリューム・リレーは汚れと経年変化で期待せず。部品がどうしても必要な時に備えてストックします。

200411ts510-5

シャーシ上の基板は汚れがひどく、使える部品はわずかです。CW・SSBフィルタ、真空管ソケット(基板用)くらいでしょう。
段間のコイルも残します。実はコアを取るのですが、他の古いリグでコアが破損、あるいは交換のために破壊せねばならないことがあります。代替が無くて困るのです。
抵抗・コンデンサは消耗品と考え、ほぼ廃棄します。

200411ts510-4

シャーシ下の基板は、マーカー基板とキャリア発振基板を残します。マーカーは100KHzの水晶発振で、パーツ交換で十分使えそうです。
キャリア発振基板はフィルタとの兼ね合いで周波数が決まるのですが、水晶が4個あります。LSB・USBで1個ずつですが、CWで2個必要とのこと。

200411ts510-6
左 :キャリア発振   右: マーカー発振

ハテ?と思ったのですが、これは説明書に書いてありました。続きは次回へ。

オークションの落札品が破損

オークションで古いアマチュア無線機を落札しました。約50年前のトランシーバーです。
形状は、当時のカタログで横幅330 X 高さ180 X 奥行345(mm)、重量9.5kgです。突起物を含みません。

200408package-4

外観も内部も汚れて傷んでおり、再生するつもりはありません。ジャンクの部品取りで十分価格に見合うと判断して落札しました。
落札額を支払い、送料着払いで宅配便で送ってもらい、ほどなく到着しました。

宅配業者から受け取り、しばらく経ってから確認、梱包が粗雑なことに気づきました。厚さ1mmくらいの薄い段ボールで包み、透明フィルムでグルグル巻きにしてあるだけです。

外観をチェック、段ボールから内部の何かが露出していることにきづきました。数か所あり、一部破損して部品が紛失しています。
開梱せずに出品時の写真と比較チェック、下部の足と背面のツマミと推定しました。前面側に長い足が2か所あり、1本が折れて無くなっています。
飛び出した足を何の保護もしていない・・・・あまりにお粗末な梱包に愕然としました。
下の写真が到着時の外観です。

200408package-1
下面手前

200408package-3
下面奥

200408package-2
側面

相手に取引掲示板で連絡、これは梱包の問題でしょう、でも部品として活用しますから一部返金してもらえませんか?と、相談してみました。
すると

宅配便で受け付けてもらえたのだから、運送の問題です  配送先と相談して下さい

という、何とも無責任な返事。関西の女性で、家族の持ち物(遺品?)整理でしょうか。10kg弱の重量物なのに、ポテトチップスのメーカー出荷箱でペラペラ、常識無さすぎです。

一方、返事が届く前に宅配業者にTEL、現物を確認してもらいました。ここで立ち合いのもとで開梱しました。
足が1本折れてありません。残骸もありません。もう1本はネジが緩んでおり、いずれ外れてしまいそうでした。
背面のツマミは曲がり、差し込んであるソケットのプラスチックカバーは割れています。
宅配業者に一旦持ち帰ってもらい、今後の処置を検討してもらいました。

200408package-7
足が1本破損  足は写真のようなもの、長さ3.5cm

200408package-5
ツマミが曲がっている

200408package-6
丸いソケット プラスチックが破損

翌日、営業所からTELがあり、修理か金銭で保証します、という回答が。
しかし、ジャンク品を修理というわけにもいかず、さりとて欲しい部品がある品です。結局、送料のみ返金してもらい受け取ることにしました。

さらに翌日、相手の営業所から確認の電話がありました。納得いかない点を話しました。

・伝票は「こわれもの」となっているが、破損しそうな梱包なら、受付出来ないという返事が出来たのではないか
・「こわれもの」「取り扱い注意」のシールが貼られていない
・配送までの間で、外観の確認はしていないのか

ジャンク品で、弁償したとしても金額(6,000円程度)がわずかなのですが、これが数万から数十万円になったら、責任の所在で揉めそうです。
ガッカリでした。

ヤエスのSSBジェネレータ 裏を見る

分解したら、基板裏面に多数のパーツがハンダ付けされていました。
前オーナーの改造かな?と、軽く考えていたのですが、ふと気づきました。

20200407junk-5
ダイオードが4本・・・・そう、平衡変調のためのダイオードブリッジです。
改めて表面を見ると、ダイオードはありません。下写真のフィルタの左にあるトリマとボリュームは、キャリアサプレッションの調整部品です。

20200407junk-2

回路が確定していなかったのか、基板サイズの制約でこうなったのか不明です。
ボリュームが見慣れた半固定でないのですが、まだ当時には出回っていなかったのでしょう。

真空管は6BA6(MIC AMP)-12AT7(BUFF/XTAL OSC)-6BA6(2Mc AMP)です。

ヤエスのSSBジェネレータ クリーニング

ジャンクの送信機を分解、必要そうなパーツのみ整理しました。

20200407junk-1

ヤエスのSSBジェネレータを取り出しました。汚れが凄いので、クリーニングしました。
まずは中性洗剤を水に溶かして綿棒で拭き、水分を綿棒とボロタオルで除去します。
さらに、水晶はメッキをクリーニングする「ピカール」で磨きます。
ピカールの効果は下写真の通り、前(左)と後(右)では大きく異なることがわかるでしょう。

20200407junk-4

反対側からも撮影しました。ベーク基板ですが、見るに耐える状態です(笑)。

20200407junk-2

20200407junk-3

フィルタの周波数は1997.7Mc(当時はMHzではなくMc)、水晶は1.997Mcです。裏面の基板に『TYPE E』と記されていました。日付は38.5ですから、昭和38年(1963年)5月でしょう。
当時、CQ誌に掲載されていたのはTYPE Fだけで周波数5.1739Mcです。この周波数は、FT-50、FL-50等でも採用されています。
約2Mcのフィルタユニットは、どのリグで使われたのか?と調べましたが、不明です。『FL-20は2Mcのフィルタを使った』という記事もありましたが、FL-20はメカフィルであり、誤りのようです。
業務用リグだったのか、試作品がたまたま出てきたのか、ナゾですね。
記事検索
最新コメント
プロフィール

ur599hamradio

  • ライブドアブログ