書き込みがなかなか出来ず、1ヶ月以上もブランクがありました。

50年以上前の珍しいQSLです。exJA0KR小川さんの遺品のQSLを、全てお借りしていますが、その一部です。

メキシコのXE1KQ HenryのQSLで、1961年3月の28Mc(MHzではなく"Mc"です)AMのQSOです。
サイズは横202 X縦90mmの横長ビッグサイズです。
4コママンガに、ラテン系のユーモアを感じます。
xe1kq-1a.jpg
マンガの下に注釈があり、1列目がスペイン語、2列目が英語のようです。
Old man : Be wise. Keep a mexican hat (charro's sombrero) in your QTH..... You may need it one day.
とあります。
ご自宅にメキシカンハット(ソンブレロ)を用意しておきなさい。いつか役に立つかも・・・というワケです。
無線中毒もホドホドに、というところでしょうか。恐妻家のアナタは準備したらhow?Hi。

リグはコリンズの32V-3(120W)と75A-4、4エレのトライバンドとあります。
32V-3はAM入力120W(多分出力50Wくらい)の3.5-28McのAM/CW送信機だそうです。重さは50kgとか。
   http://www.radioing.com/collins/tx04.html
75A-4は、受信機として名前は良く聞きますが全く見たことがありません。1.9-28Mcのダブルスーパーで、重さ約16kgあります。
   http://www.radioing.com/collins/rx03.html
AM時代は真空管リグでAM変調器も必要です。リグの重量には驚かされます。