続いて小川さんの宝物ボックスから登場するのが、電波科学からのハガキ(カード)です。
121113mag-1.jpg
『電波科学』は1933年創刊の歴史ある雑誌で、80年代半ばに『エレクトロニクスライフ』で約10年、その後『パソコンライフ』で1年発行された後に休刊になったそうです。
発行元は、NHKの系列である日本放送出版協会です。電波科学は、オーディオの記事が多数掲載されていたと記憶しています。

カードの日付は昭和27年、アマチュア無線の免許が発給される前です。海外のアマチュア局か放送局を受信したSWL/BCLのレポート投稿に対するお礼状です。
121113mag-2.jpg裏返して目に止まったのが、切手の消印です。
「戸毎に表札 戸毎に受箱」・・・・・表札を掲げ、郵便受けを用意して下さい、という意味ですね。
戦後7年あまりで、まだ住宅事情が良くない頃です。郵便配達に困らないように、紛失しないように、というPRでしょう。この消印は初めて見ました。
* 私は、もう少し後に生まれたので、この時代は写真や書籍等の情報しか分かりません。