ヨーロッパのスウェーデンからメールが届きました。

アドバンテスト社のスペアナのスイッチの入手先を教えてくれ、とのことです。
Webで同社のスペアナR4131のレストア記事を公開しており、スイッチを全て交換しています。日本語-英語の変換ソフトで内容を確認したそうです。
150119sw-1.jpg
このスイッチはプッシュ回数とともに劣化します。押した後の跳ね返りが弱くなる場合と、接点が汚れて接触不良になる場合があります。消耗品と言って間違いありません。

入手は困難でしょう。記事を書いた10年前でも、メーカーサポートを通じてようやく購入出来たもので、製造中止になってかなり経過します。
当時の入手した代理店は、企業合併ですでに社名も無くなりました。

とりあえず調べると、オークションで新品を販売している方がいます。デッドストックがあるらしく、すでに私が購入したころに比べると価格は倍以上ですが、高くても・・・という方はいるはずです。
取引可能か否かは別として、こんなところがあるヨ・・・・・と紹介しておきました。

翌日返事が届き、入手可能か問い合わせてみる、とのこと。
商談が成立すれば良いのですが。

このスイッチは、手持ちの周波数カウンタにも使えます。自分自身の保守部品としてストックはありますが、お譲りするまではありません。