150525extend-1
リグ調整に必要な延長基板です。

基板をコネクタに差し込んで実装し、密度を上げるリグが70年代半ばから登場しました。
リグをコンパクトに出来る一方、一部機種では調整箇所にドライバが届かず、そのままでは調整が出来ません。故障箇所を探すのも困難です。

延長基板を3種類作成しました。いずれも片面のみの接続です。
150525extend-2150525extend-3
18ピンと14ピンは、昔購入した4mmピッチのユニバーサル基板とガラスエポキシの生基板を重ねて製作しました。ユニバーサル基板はコネクタ部のパターンのみ活用し、エポキシの平行パターンと接続しています。
基板はネジ止めしていたのですが、基板幅が大きくなってしまい入らないことがありました。

そこで、ガラスエポキシ1枚のみで18ピンを製作しました。ガラスエポキシのパターンをそのままソケットに挿入します。ソケット部はハンダメッキしました。
150525extend-4150525extend-5
延長パターンの影響で、調整ポイントがずれるのでは?と心配しましたが、HFのリグで経験した限りは大きな問題はありませんでした。配線を同軸ケーブルで行う方法もありますが、使用中に断線しない工夫が必要です。

コネクタはKELの4mmピッチの製品で、現在でも何とか通販で入手可能です。7、8年前に東京の有力代理店を紹介してもらい購入しましたが、個人購入では対応は冷たかったです。問い合わせの反応を見ながら、購入店を探しましょう。