新スプリアス規格は全世界の決定事項、日本だけ例外とはいかないという話です。
では、海外ではどのようになっているのだろう・・・と、調べてみました。
160209license-2
アマチュア大国のW(USA)で、情報を発見しました。FCC(連邦通信委員会)から発表された資料で、ARRLのサイトでも同様の文面がありました。
出展は以下で、2014年9月発表です。

*2016/2/14追記:
下記文章で、英単語が右端に完全に入らない場合、分割されてしまう問題がありました。
例: "bandwidth" が、"bandw" まで入った後、改行されて "idth" となる
原因が判明したので、修正しました。

Title 47: Telecommunication
PART 97—AMATEUR RADIO SERVICE
§97.307 Emission standards

(a) No amateur station transmission shall occupy more bandwidth than necessary for the information rate and emission type being transmitted, in accordance with good amateur practice.

(b) Emissions resulting from modulation must be confined to the band or segment available to the control operator. Emissions outside the necessary bandwidth must not cause splatter or keyclick interference to operations on adjacent frequencies.

(c) All spurious emissions from a station transmitter must be reduced to the greatest extent practicable. If any spurious emission, including chassis or power line radiation, causes harmful interference to the reception of another radio station, the licensee of the interfering amateur station is required to take steps to eliminate the interference, in accordance with good engineering practice.

(d) For transmitters installed after January 1, 2003, the mean power of any spurious emission from a station transmitter or external RF power amplifier transmitting on a frequency below 30 MHz must be at least 43 dB below the mean power of the fundamental emission. For transmitters installed on or before January 1, 2003, the mean power of any spurious emission from a station transmitter or external RF power amplifier transmitting on a frequency below 30 MHz must not exceed 50 mW and must be at least 40 dB below the mean power of the fundamental emission. For a transmitter of mean power less than 5 W installed on or before January 1, 2003, the attenuation must be at least 30 dB. A transmitter built before April 15, 1977, or first marketed before January 1, 1978, is exempt from this requirement.

(e) The mean power of any spurious emission from a station transmitter or external RF power amplifier transmitting on a frequency between 30-225 MHz must be at least 60 dB below the mean power of the fundamental. For a transmitter having a mean power of 25 W or less, the mean power of any spurious emission supplied to the antenna transmission line must not exceed 25 μW and must be at least 40 dB below the mean power of the fundamental emission, but need not be reduced below the power of 10 μW. A transmitter built before April 15, 1977, or first marketed before January 1,1978, is exempt from this requirement.

(f) The following standards and limitations apply to transmissions on the frequencies specified in §97.305(c) of this part.

帯域外発射に関する規定は、JAの必要帯域幅のような定義はありません。b)のように、隣接周波数の運用を妨害しないようにスプラッターやキークリックを与えないように、と記してあります。

またスプリアス規格も30MHz以下は(d)、(e)にあるように明確で、厳しくありません。

◎30MHz以下の場合
・2003年1月1日以降に生産された送信機・リニアアンプは、基本波に対するスプリアスは-43dB以下
・2003年1月1日以前に生産された送信機・リニアアンプは、基本波に対するスプリアスは50mW以下であり、かつ-・40dB以下
・2003年1月1日以前に生産された平均電力5W以下のリグは、基本波に対し-30dB以下
・1977年4月15日以前に生産され、あるいは1978年1月1日以前に最初に販売された送信機は、規定は除外

◎30-225MHzの場合
・送信機・リニアアンプは、基本波に対するスプリアスは-60dB以下
・平均電力25W以下の送信機は、基本波に対し25uW以下であり、かつ-40dB以下 但し10uW以下にする必要はなし
・1977年4月15日以前に生産され、あるいは1978年1月1日以前に最初に販売された送信機は、規定は除外

225MHz以上の規定は?という点と、1977年以前は規定がないのか不明です。しかし、JAの今回の案に比べて非常に規定がゆるくて助かります。
コリンズもドレークも、Wではまだ現役で使えるんですね。
2016/2/11追記:
JAの古いメ-カーリグは、30MHz以下のスプリアス規格は-40dB以下です。このルールなら、正規に整備したリグなら従来通り使えるはずです。


より良質な電波を出すべきであることは理解出来ます、しかし、規定が厳しすぎるあまり、歴史あるリグが使用禁止になるのは疑問を感じます。
スプリアスは市販のフィルタを認定してもらえれば十分と思います。自作するにしても、簡単なフィルタで10dB程度は改善可能です。

帯域外発射は、電話ならマイクゲイン上げすぎのスプラッタが影響が大きいでしょう。リグの性能よりも操作の問題です。
PLLの帯域外ノイズは、リグの基本設計の問題です。これは機種単位で制約が出てもやむをえないと考えます。

現実に近いルールとなることに、期待します。