少しずつですが、部屋の整理をしています。
電子部品がたまっていますが、古い部品を調べてみました。多くはもらいものです。
まずは、整流ダイオードです。1970年代の製品と思われます。
83年発行のダイオード規格表を引っぱりだして調べました。
160601diode-1
160601diode-4
SR-1、SR-2、SR-3、SR4-Eが計11本です。SR-1はマーキングがありません。直径約11mm、厚さ約5mmです。
1本は富士電機製、残り10本は新電元製でしょうか。メーカーを示すマークが分かりません。
末尾の番号で耐圧・電流が異なり、100V/200V、0.15A/0.3Aで4種類に区分されています。
160601diode-2
次はSW-1が1本(一番奥)、SE-05が2本(手前左)、FR-1が2本(手前右)、FR-2が2本(奥から2・3本め)です。
SE-05・SW-1は規格表ではオリジン電気製になっていますが、裏面のマークが同じです。
SE-05は電流0.5Aで、電圧が400-1000Vまで4ランクに区分され、色点で識別しています。黄は600V、緑は1000Vです。
SW-1は電流1Aで、同様に電圧が400-1000Vに区分されます。色点が黒なので、400Vです。

FR-1、FR-2は富士電機製です。規格表には掲載されていません。古い製作記事で使われていたような気がします。
勝手に推測するに、それぞれ100V・200V耐圧のダイオードでしょうか。160601diode-3
160601diode-5
最後にNECのSR-2が6本です。形状は前述の同型品番とはことなり、モールド長12mmとコンパクトです。
100V・0.15Aでした。

電圧・電流とも現在活用するには中途半端です。このままジャンクボックスに眠り、廃棄することになりそうです。