無線・電子工作と趣味の日記

アマチュア無線と電子工作が中心の日記です。JA0IAA/新潟県在住、電気大好きおじさんです。その他趣味などあれこれの雑記です。
コメント歓迎ですが、無線と電子工作関係はお名前(名字で可)かコールサインをお願いします。

無線その他

新スプリアス規格はどうなるのか(1)

新スプリアス規格による免許申請・更新が、来年12月1日から施行されます。
この規格を満足するリグでないと、免許を新規に申請あるいは更新出来なくなります。
数年前から、この法の存在は知っていましたが、『既存のリグなら、何とかなる』と、楽観視していました。
ところが、あと2年を切った現在、終着点が見えないのです。

新スプリアス規格は、世界無線通信会議(WRC)で決定された事項で、目的外周波数のスプリアスを制限する基準が強化されました。これは業務局だけでなく、アマチュア局も該当します。
アマチュア局の場合、2007年11月以前に製造されたリグは、そのままでは使えなくなります。
これ以降に製造・認定されたリグは、通常通り申請・認可されます。

では、前のリグはどうなるか??ですが、『フィルタを挿入して申請すればOK』といううわさでした。
ところが最新情報では、申請後に許可はされますが、スプリアス強度を測定してデータを含めて提出せねば最終受理は出来ない、とのこと。
スプリアスを測定出来るスペアナが必要ですし、トレーサビリティが取れて正確でなければなりません。
こんなもの、多くのアマチュアが持てるはずがありません。
160209license-1
スペアナを持っている業者に検査を委託するとしても、1台数万円はするはずです。記憶がおぼろげですが、WRCで決定された世界のルールとはいえ、納得いきません。

今、JAの無線家は50歳以上の世代が大半を占めています。これから年を重ねるとともに、収入が多く見込めない世代です。リグを一斉に買い替えて・・・とはいかない方が多いのです。
免許更新せず(出来ず)QRTすれば、アマチュア無線人口は半減どころでは済まないでしょう

この問題、海外ではどうなっているのだろう?という疑問がわきました。
ネットサーフしたら、Wの情報がありました。続きでご紹介します。

CQ誌に転載された写真

私用で知人に会った時の話です。
「今月のCQ誌の特集に出ていたね」
「えっ、何のこと?」
「へぇー、知らなかったんですか」
・・・・どんなことだろうか?と不思議に思いつつ帰宅しました。

コールサインが出ているのか、参考文献にURLがあるのか・・・・と探しますが、見つかりません。
間違いかも、後でメールで問い合わせようか、と考えた矢先に発見しました。
CQ誌2015年6月号の25ページの写真です。
今日知ったことで、事前連絡・了解はありません。

オリジナルの写真は以下です。ダウンロードして使ったのでしょう。
  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/iaasada/collect/tvi/tvifilter1.html
150527cq-1
私のWebサイトのトップページには、こう記しています。
  本Webで使用している文章・写真等の画像の無断使用は堅くお断りします。

内容は大したことではありません。しかし、私のポリシーは明確にしています。著者も有名出版社も著作権の考えを理解していないように判断しました。
例外を認めれば、俺もやるか、どうせばれない・・・と考える人が出て来ます。これが困るのです。

「参考にするので、写真を使わせてほしい」とメールで連絡をもらえれば、記事の趣旨を理解した上で快諾したと思います。もっと見栄えのする写真をお渡ししたかもしれません。
ところが、何もありませんでした。

個人サイトへのコピー転載は過去にありましたが、いちいち気にしていられません。しかし、発行部数の多い『一流雑誌』では、適当な対応でしょうか。

10年くらい前だったでしょうか、CQ誌で同軸フィルタの内容が写真入りで紹介されました。やはり事前連絡なしでした。この頃も無断使用ご遠慮のお願いをしていたはずです。
当時は、CQ出版社はWebのエチケット(というよりも一般社会のマナー)を知らないのかねぇ・・・と呆れましたが。

3年前、他出版社からWebサイトを紹介させて、という依頼がありました。
理由あってご遠慮いただいたのですが、事前の根回しはあったのです。
  http://59hamradio.blog.jp/archives/1025039296.html
これが普通だと思うのですが、webに公開したら何でもありでしょうか。

追記:
後日、CQ出版社へ意見を送りました。特に反応はありません。

延長基板3種

150525extend-1
リグ調整に必要な延長基板です。

基板をコネクタに差し込んで実装し、密度を上げるリグが70年代半ばから登場しました。
リグをコンパクトに出来る一方、一部機種では調整箇所にドライバが届かず、そのままでは調整が出来ません。故障箇所を探すのも困難です。

延長基板を3種類作成しました。いずれも片面のみの接続です。
150525extend-2150525extend-3
18ピンと14ピンは、昔購入した4mmピッチのユニバーサル基板とガラスエポキシの生基板を重ねて製作しました。ユニバーサル基板はコネクタ部のパターンのみ活用し、エポキシの平行パターンと接続しています。
基板はネジ止めしていたのですが、基板幅が大きくなってしまい入らないことがありました。

そこで、ガラスエポキシ1枚のみで18ピンを製作しました。ガラスエポキシのパターンをそのままソケットに挿入します。ソケット部はハンダメッキしました。
150525extend-4150525extend-5
延長パターンの影響で、調整ポイントがずれるのでは?と心配しましたが、HFのリグで経験した限りは大きな問題はありませんでした。配線を同軸ケーブルで行う方法もありますが、使用中に断線しない工夫が必要です。

コネクタはKELの4mmピッチの製品で、現在でも何とか通販で入手可能です。7、8年前に東京の有力代理店を紹介してもらい購入しましたが、個人購入では対応は冷たかったです。問い合わせの反応を見ながら、購入店を探しましょう。

カイセ アナログテスターSK-2


150516tester-1

カイセのアナログテスターSK-2です。30年くらい前に購入したテスターです。
外形寸法は65mm X 95mm X 32mm (テスターリードを除く)とコンパクトです。
無線の移動運用の際、電圧チェックや導通確認をするために入手しました。 眠っていたものを分解、電池の液漏れが少しありましたが(電池は取り替えた記憶が無いHi)、電極は大丈夫でした。
まず、テスターリードを修理します。テスターへの-リードが切れており、プラスチックカバーがありません。市販品と互換性が無いので、リード棒のプラスチックを切断し、加工しました。リード棒は市販品を購入、+-とも交換しました。
150516tester-2150516tester-3
動作チェックすると、抵抗測定はOKですが、DC・AC電圧が測定出来ません。基板を取り外して回路をチェックしても正常です。 150516tester-4
原因はレンジ切り替えの摺動面の接触不良でした。乾電池を接続してもDCは0Vのままですが、指で接触部を抑えるとメータが振れます。接触圧が不足しています。
接触部はイソプロパノールで洗浄済みでしたが、分解して手で加工、再組立てして解決しました。
150516tester-5
測定精度はおおよそ十分です。基板上はほとんど抵抗だけであり、経年変化はほとんど考える必要は無いでしょう。
外出時のサブ機であり、精度を厳しく問う使い方はしないので、これで良しとしました。 購入価格は覚えていませんが、現在の同等品はもっと安いはずです。本機は多分日本製、現在の市販品は海外製です。

AC100Vモニタ表示器の製作

150515acm-1
AC100Vをモニタする表示器を製作しました。
と言っても、既製品をケースに入れただけですが。

商用電源のAC100Vの変動がどの程度あるのか確認したくなりました。
仕事でトラブルシューティングを行っている際、「タコ足配線」が気になることがあります。
一例ですが、テーブルタップに多数のOA機器を接続してありました。通常は何も異常が見られませんが、ごくまれに有線ルータが誤動作します。
電源ケーブルを抜き、しばらく放置してから差し直すと正常に戻ります。

原因はレーザプリンタが動作するためでした。動作開始時に流れる電流によって電圧降下を起こすようです。ACの配線回りを手直しし、改善しました。

AC電圧はテスターでもチェック出来ますが、小型で持ち歩きに便利なものが欲しい・・・と考えていたところ、パネルメータが入手出来ました。Made in Chinaで、1000円でおつりが来ます。
プラケースを加工し、安全のためにスイッチとヒューズを追加しました。大したものではありません。
150515acm-2
AC100Vに接続し手元の3・1/2ケタのマルチメータの測定値と比較すると、3V程度表示が大きくなります。マルチメータが正確なの?と言われればそれまでですが、とりあえず信用し、本メータの基板上にある小さなボリュームを回して調整しました。

瞬時電圧は測定出来ません。ただし、余裕(マージン)の有無は判断出来ます。
我が家ではAC103-104Vです。これが標準でしょうか。

以前、お客様宅で測定した際、96Vくらいまで落ちていたことがありました。近所にある工場の影響かもしれません。
当宅では、7、8年くらい前に電圧上昇と思われる異常が発生したことがあります。たまたま測定したら、100-107Vの間をゆっくりと変化します。
気づく少し前に、測定器のヒューズが切れたことがあります。ご近所でもビデオが壊れた、と聞きました。
電力会社に電話して調査をお願いしたところ、柱上トランスからのアース線の異常だったという話でした。
私はヒューズ1本で済みましたが、前述のお宅ではビデオの修理代金はいただいたそうです。

記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ