無線・電子工作と趣味の日記

アマチュア無線と電子工作が中心の日記です。JA0IAA/新潟県在住、電気大好きおじさんです。その他趣味などあれこれの雑記です。
コメント歓迎ですが、無線と電子工作関係はお名前(名字で可)かコールサインをお願いします。

アワード

よみうりアワードの隠れた?ルール


多忙につき、久しぶりの書き込みです。無線をやりたい気持ちはあるのですが、未だ引越し後の整理がつきません。アンテナは今年中に上げたいのですが・・・・。


よみうりアワードについて、JA7FKF 佐藤さんからコメントをいただきました。
テーマ局の規定に関することです。

2013年(平成25年)に入手した申請書に付属していた、補足資料の関連部分を抜粋します。
原文をスキャナで読み取りました。
クリックすると、文字が拡大されます。
yomiuri-1a
yomiuri-1b
yomiuri-1c
yomiuri-1c

2009年に申請書を入手した時は、このような補足はありませんでした。

正しい審査は好ましいのですが、字・番地まで必要なのか、あるいはグリッドロケータが正確な運用場所を特定し得るのか、個人的には疑問を感じています。

以前の担当者は、規定の記載内容の範囲で審査されていたと思います。ですから、佐藤さんは問題なくパスしたのでしょう。
その後申請した知人数名は、それなりに苦労しています。
アワードの発行責任者は、現状をどう考えているのか?聞いてみたいものです。

私は、18MHz・21MHzで各4組、50MHzで2組、7MHzで1組完成しています。
残り1組は3.5MHzか7MHzですが、移動局であったり、番地まで記載されていないQSLのため、引っかかっていますHi。

よみうりアワードのネクタイピン

昨年秋に隣地に仕事場件住居を新築しました。従来の住居はそのまま残っており、春になったら(まだ雪がありますから)取り壊します。

荷物が多いのが悩みのタネ、大きなものは業者に委託して移動済みですが、自力で少しずつ運んでいます。これが進まない。
思い切って捨てられないんですね。

洋服ダンスの隅っこの小箱からネクタイピンを発見しました。すると、裏面に不思議な文字が刻印されています。
170222pin
170222pin-2
「よみうりアワード」って、まだもらっていないアワードの記念品です。
誰からもらったのか全く分からず、泊まりがけの某クラブミーティングの酔っ払った席で誰かのものを間違えて持ってきたのか・・・・・。

裏面は汚れています。銀メッキでしょうか。ある方法でクリーニングし、かなり綺麗になりました。
170222pin-3
まだ記念品として存在するのでしょうか。もう無いとすれば(この手のマニアからすれば)貴重品ですね。

よみうりアワードの申請書

全日本1万局よみうりアワードは非常に難しいアワードです。
異なる国内1万局とQSOしQSLを得ますが、以下の規定があります。

・各エリア最低500局以上、1500局以下
 全国をバランス良くQSOすることが必要です
・3バンド以上で12組のWAJAを完成(テーマ局)
 1バンド4組までの制約があります。少なくとも3バンドの運用が必要です。

エリアの最低500局は、局数の少ない5・9エリアがネックのようです。
私も5エリアで引っかかっています。
WAJAは7MHzは比較的容易でしょうが、14-28MHzは近距離のQSOが難しいですね。
50MHzはグランドウェーブとEsだけでなく、スキャッタによる中距離の局とQSOしないといけません。
144MHz以上はEsが望めず、移動運用と巨大アンテナが必要でしょうか。

もう一息で手が届く、久しぶりに復活するきっかけに・・・・と、3年前に申請書を取り寄せました。
1万局のリストは手書きでは大変、ハムログから編集するエクセルファイルを作成しました。
ところが新たなネックが見つかりました。WAJA12組のテーマ局です。

WAJAは1組ずつB4のシートに記入しますが、『正確な住所』を求められます。事務局から以下の補足資料を入手しましたが、公開されているルールにも補足にも記載がありません。

・常置場所の運用局は、QSLカードに記載されている都道府県・市町村だけでなく、町名・番地を記載する
 市町村だけしか記載されていないQSLは使えません。

・QSLにローマ字で記載されているものは、コールブック等で確認して和文に直す
 古いQSL・町村合併前のQSLは、ここで苦労します
 住所が同じで、町名・番地が変更された場合は調査可能でしょうか

・市町村・町名・番地が不明でも、緯度・経度が記載されていれば可

・JCC/JCGナンバーは不可
 ナンバーはJARLで制定したものなので、これは納得します

・移動局は運用した市町村だけでは不可、町名・番地が必要
 これは困ります 移動した空き地の住所なんてねぇ・・・。屋外移動局のQSLで番地まで書かれていることなど、通常はあり得ません。
 今ならネットで番地検索可能か!?

・運用場所が○○山、○○川と書かれている場合、発行事務局が確認出来れば可
 地図で確認、移動可能であれば認める、とのこと

・グリッドロケータ(6桁)が正しく記載されていれば可


ルールは従わねばなりませんが、何とも微妙です。
○○山、○○川では、都道府県の区分も難しいと思います。/1 ○○川移動と /1 XX県●●市移動、どちらが運用場所を精度良く特定出来るでしょうか。

またグリッドロケータは同一ロケータでも範囲が広すぎ、これも都道府県・市町村を区分しきれません。
一例として、1エリアの県境を調べてみました。群馬県・栃木県・茨城県・埼玉県の県境をグーグルアースで調べました。クリックすると拡大します。
細い線が県境です。
160215GL-1
わずかな面積ですが、いずれも3県にまたがっています。これは平地の例ですが、山頂になると3都道府県が同一ロケータという例も出てきます。
グリッドロケータは、運用場所を特定出来ないと思いますが・・・。

実は7年前にも申請書を取り寄せましたが、この時は上記の規定は同封されませんでした。
ルールとして明文化されていないので、担当者が交代したら元に戻るだろう、と思い込んでいます。

正確な文章表現を大切にする大手一流新聞社が発行元ですから、いずれ規定の見直しと補足追加がなされると期待します。それまでに復活し、準備を進めます。

アワード申請書の再配布?その2

先日の申請書ネタの続きです。

エクセルファイルはすべて作成者を削除してアップロードしました。
ところで、web上のPDFはどうなっているのかな?と調べてみたら・・・・プロパティに履歴が残っていました。
(左下)
原本であるエクセルファイル(作成者名削除済み)からPDF化して再作成、アップロードしました。(右下)
これで履歴は無くなりました。
140528asheet2-1.gif140528asheet2-3.gif
前述の某クラブのファイルを見ると、QSLリストのPDFファイルは同じでした。ファイル名を変更しただけのようです。履歴トレースが出来ましたHi。
140528asheet2-2.gif
一般に利用してもらうための電子ファイルは、出典に注意すべきですね。

(例えが悪く、お詫びしなければいけない表現ですが)、昨今の論文コピーの話題と同じと考えます。
個人が利用しプリントするなら問題ないでしょうが、団体が電子ファイルとして広く一般に活用・ダウンロードする場合は配慮が必要でしょう。
一言、「利用させてください」と了承を得るだけでも十分です。個人情報(見方によっては著作権)を削除しておけば、「パクリ」と言われずに済みます。

アワード申請書の再配布?

今日、たまたま検索して気づいたことです。

アワードの申請フォームをエクセルで作成し、PDFファイル化したフォームと合わせて公開しています。もう10年くらい経過します。
  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/iaasada/award/sheets.html

『ご自由にお使い下さい』と記しているので、制約はありません。個人で活用していただいた事例も確認しています。

今日、私に関連するキーワードで引っかかったのが、ここです。
  http://www.jarl.com/takatsuki/ja3ykv%20award%20ap.pdf
私が公開しているものとそっくり、一部内容を追記しています。
  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/iaasada/award/appa4newp.pdf

クラブアワードの申請書とQSLリストとして、エクセル・PDF形式で計4枚がダウンロードできます。
エクセルファイルのプロパティを確認すると、私の書式が原本と判明しました。
左下が私の公開ファイル、右下が相手のファイルですが、98年2月の同一日時に作成した形跡が共通しています。
140526asheet-2.gif140526asheet-3.gif
他の2ファイルも同様でした。
自由に利用可としているので、クレームをつけるつもりはありませんが、個人利用ではなく団体が流用して配布するのであれば、一言あればなぁ・・・というのが感想です。
ファイルにはしっかり足跡が残るのですHi。

申請書のフォームは、当時のJARLアワード委員会に送付しました。委員会メンバーの数人と交流があり、JARL制定の書式を一般アワードに流用するには一工夫必要と感じたからです。
JARL事務局からは「まだ在庫が残っているので、参考として受け取ります」という回答でした。その後、JARLアワードの規定が変わり、このフォームも採用されず過去のものとなりましたが、一般アワードには役立つ形式ではないかと思います。
以前はQSL必要・証明者2名というルールが一般的でしたが、現在はQSL不要とか、QSLは必要だが証明者は不要で自己宣誓で可という規定も増えてきました。

作成者に私の名前が残っていましたHi。本日付けで削除して再アップロードしておきます。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ