無線・電子工作と趣味の日記

アマチュア無線と電子工作が中心の日記です。JA0IAA/新潟県在住、電気大好きおじさんです。その他趣味などあれこれの雑記です。
コメント歓迎ですが、無線と電子工作関係はお名前(名字で可)かコールサインをお願いします。

QSLカード

これはSWLカード

小川さんのカードですが、国内でオヤッ?と思ったものです。
121208qsl-1.jpg
EX J3CJ? ・・・これは下のJA3-1423のSWLカードです。受信日が1958年9月、当時としては立派な印刷がなされており、他のQSLカードよりも高級感があります。
発行者は、戦前にJ3CJこコールを持つ徳大寺さん。「約30年前ニON THE AIR致居リマシタ」というメッセージが。
お名前で検索してみたところ再開局されたようですが、かなり前にサイレントキーになられたようです。

裏に、SWL CARD と注記されています。

珍QSLシリーズ9 シアトルのRadio Ichiro

コンテスターで有名なシアトルのK7RI TomのQSLです。
k7ri-2.jpg
Wの西海岸の局は、コンテストになると大変強力に聞こえてきます。Tomもその一人で、JAはスコアアップするための大事なお客様です。
2001年のシアトルと言えば、大リーグのチーム・シアトルマリナーズが地区優勝し盛り上がっていました。この年に日本からイチロー選手が移籍し、新人王等多数のタイトルを獲得するまで活躍したのが一要因です。
そんなTomが作った "Collector Edition QSL Card" は K7 Radio Ichiro と、しっかりJA向けのQSLを発行してくれました。
"honoring Japan's very own son Ichiro Suzuki " と、しっかり思い入れを込めた表現はFBです。

上の写真は表面ですが、裏面はもっとギッシリ!クリックして拡大し、お読みください。
49837eaa.jpg

50年前のSWLカード

またまたJA0KR小川さんのQSLボックスから珍しいものが出てきました。
jarlswl-3.jpg
J0-61というカード、小川さんのSWLカードです。昔懐かしいガリ版製の手作りです。このカードを送って受け取ったらしいQSLもありました。
受信機は1-V-2、アンテナは逆Lでしょうか。
SWLナンバーはJARLから付与されたもので、下のハガキが見つかりました。昔はJA0-XXXXではなかったのです。
書かれた文章が達筆すぎて!?読めませんが、「会員」ではなく「盟員」と表現された箇所があります。
jarlswl-1.jpgjarlswl-2.jpg

珍QSLシリーズ8 JA9・0エリアがJA1・2だった時代

JA1WAというコールをいただいた方が2人いらっしゃるのをご存じでしょうか。

昭和27年にライセンスを得たのは、現在のJA0AA阿部さんです。当時のコール割り当てはJA1からJA8までで、現在と同じ地方でJA_AAからVZまで、JA0の信越はJA1WAからZZまで、JA9の北陸はJA2WAからZZまでのコールが割り当てられました。
ところが、割り当てが満杯になることが想定された昭和29年にJA0とJA9を新たに割り当て、JA1WAをJA0AA、JA1WBをJA0ABに・・・と、以下同様のルールで変更されました。
その後、使われなくなったJA1WA/JA2WA以降が1・2エリアに再割り当てされたわけです。二代目JA1WAさんは存じ上げませんが。
ja1wa.jpg
当時のJA1WA・JA2WAのQSLがありました。JA1WAはホワイトカード、JA2WA(現JA9AAさん)はexJA0KR小川さんがSWL時代に受け取ったQSLです。
ja2wa.jpg
ところで、JA0AA阿部さんのシャックに一昨年夏にお伺いし、シャック整理で多数の機器をいただきました。出来るものからレストアを行っています。
ja8aa.jpg
北海道のパイオニアJA8AAさんのQSLもご紹介します。私もSWLでQSLをいただきましたが、当時の国内QSLを紛失してしまい、大変残念に思っています。

珍QSLシリーズ7 QSO出来なかった珍Entityの局

JAから近く、信号も強いのにQSO出来なかったEntityの局です。
ka1aa-1.jpg
KA1AA、南鳥島(Marcus Island)のUSコーストガード(アメリカ沿岸警備隊)のクラブ局です。SWLでレポートを送り、QSLを受け取りました。
1982年ですから、WからJAへ返還されて14年経過しています。JAの気象庁・海上自衛隊・海上保安庁職員が運用しているJD1YAAが有名ですが、同時期に運用をしていたようです。
KA局ですから、JAはQSOが禁止されていました。まだ外国人が運用することが出来なかった時代です。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ