無線・電子工作と趣味の日記

アマチュア無線と電子工作が中心の日記です。JA0IAA/新潟県在住、電気大好きおじさんです。その他趣味などあれこれの雑記です。
コメント歓迎ですが、無線と電子工作関係はお名前(名字で可)かコールサインをお願いします。

ヤエス

ヤエスのSSBジェネレータ 裏を見る

分解したら、基板裏面に多数のパーツがハンダ付けされていました。
前オーナーの改造かな?と、軽く考えていたのですが、ふと気づきました。

20200407junk-5
ダイオードが4本・・・・そう、平衡変調のためのダイオードブリッジです。
改めて表面を見ると、ダイオードはありません。下写真のフィルタの左にあるトリマとボリュームは、キャリアサプレッションの調整部品です。

20200407junk-2

回路が確定していなかったのか、基板サイズの制約でこうなったのか不明です。
ボリュームが見慣れた半固定でないのですが、まだ当時には出回っていなかったのでしょう。

真空管は6BA6(MIC AMP)-12AT7(BUFF/XTAL OSC)-6BA6(2Mc AMP)です。

ヤエスのSSBジェネレータ クリーニング

ジャンクの送信機を分解、必要そうなパーツのみ整理しました。

20200407junk-1

ヤエスのSSBジェネレータを取り出しました。汚れが凄いので、クリーニングしました。
まずは中性洗剤を水に溶かして綿棒で拭き、水分を綿棒とボロタオルで除去します。
さらに、水晶はメッキをクリーニングする「ピカール」で磨きます。
ピカールの効果は下写真の通り、前(左)と後(右)では大きく異なることがわかるでしょう。

20200407junk-4

反対側からも撮影しました。ベーク基板ですが、見るに耐える状態です(笑)。

20200407junk-2

20200407junk-3

フィルタの周波数は1997.7Mc(当時はMHzではなくMc)、水晶は1.997Mcです。裏面の基板に『TYPE E』と記されていました。日付は38.5ですから、昭和38年(1963年)5月でしょう。
当時、CQ誌に掲載されていたのはTYPE Fだけで周波数5.1739Mcです。この周波数は、FT-50、FL-50等でも採用されています。
約2Mcのフィルタユニットは、どのリグで使われたのか?と調べましたが、不明です。『FL-20は2Mcのフィルタを使った』という記事もありましたが、FL-20はメカフィルであり、誤りのようです。
業務用リグだったのか、試作品がたまたま出てきたのか、ナゾですね。

ヤエスのSSBジェネレータ

しばらく書き込みを停止していましたが、少しずつ再開します。
(結構多忙なのと、ネタ切れでした)

一昨日、ヤフオクで入手したジャンクが届きました。ある方が自作された送信機です。
出品された直後に発見、安かったので30分足らずで即落札しました。

20200406junk-1

外観はボロボロ、中はホコリと汚れ・サビが多数あります。部品取りが目的です。前面で塚そうなのは、バーニアダイヤルです。

中は・・・と見ると、真空管が9本。ファイナル管はありませんが、その他は一般的な真空管と判断していました。
IFTらしきもの3個も期待できそうでした。

20200406junk-2

商品説明にあった写真で、「これは!」と思ったのは、上記写真の左上です。ここを拡大しました。

20200406junk-3

ヤエスのSSBジェネレータユニットです。古いCQ誌の広告に掲載されていた写真で見覚えがありました。
クリスタルフィルタの品名にFREQ 1997.7とあるので、2MHzのユニット?とびっくりしました。
TYPEは2MCTとのこと、2MHzのタイプという意味と推測します。
初期のヤエスのリグには、5MHz台の同タイプのフィルタが搭載されていました。

20200406junk-4

裏面を見ると、コイルパックモドキ?のコイル群があります。4バンド(3.5/7//21/28)かな?と推測されます。
バンド切替のロータリースイッチと一体化されており、メーカー製のパーツかも?しれません。

バリコンは茶色に変色、送信機には怖くて使えません。RFCは貴重でしょうか。
使えそうな部品だけ取り出してケースは処分するつもりです。
記事検索
最新コメント
プロフィール

ur599hamradio

  • ライブドアブログ